石綿問題総合対策研究会

設立の目的

将来の石綿関連疾患の健康リスクを低減させることが、石綿に関連する研究と仕事の目的です。そのためには自らの専門分野と仕事だけでなく、多様な 分野の知識と経験といった総合性、多様性、科学的態度、精度管理等が必要です。石綿研究の経験と交流を目的とする研究会を設立します。

 

石綿のリスクと医学関連、調査と分析、管理、除去、対策、廃棄、リサイクル、建築、歴史、社会等の各分野の専門家、行政関係者、 NPO等の交流を通じ、総合的石綿対策の理解、石綿の健康リスクの削減、震災時対策、その他の課題等について、年1回の研究会の定期的開催で研究、交流することにより、多様な石綿問題の解決に寄与していくことを目指しています。

発起人

淡路剛久(立教大学名誉教授、環境法)

井内康輝(広島大学名誉教授、病理学)

宇野泰章(名古屋工業大学名誉教授、鉱物学)

酒井伸一(京都大学教授、廃棄物関係)

宮本憲一(大阪市立大学名誉教授、環境政策)

村山武彦(東京工業大学教授、リスク管理論)

森田昌敏(愛媛大学客員教授、化学物質管理)

 

運営委員

石原一彦(立命館大学、建築学)

貴田晶子(愛媛大学、廃棄物管理、廃棄物資源循環学会・会長)

小坂浩(元兵庫県健康環境科学研究センター、大気汚染防止)

寺園淳(国立環境研究所、震災・廃棄物管理)

森裕之(立命館大学、公共政策)

山本貴士(国立環境研究所、資源環境)

 

事務局長

村山武彦(東京工業大学)

 

Copyright(C)2013-2017 石綿問題総合対策研究会. ALL RIGHT RESERVED.